うっかりGoogleアドセンスのテストを開始してしまい(90日直せない)、広告が暴れまくっていて申し訳ございません…

MYDOOさんでアクスタを作ったら大満足だっただけのレポ

印刷レポート

タイトル通りの話なのですが、最近アクスタを作りました。

今や個人で気軽にアクスタが作れる時代…よきものです。

1回作ってみたい!とずっと思っていたものの「でも作ったところでなあ…」と相反する気持ちもあったのですが、自分のメンタルのご機嫌を取るために、一念発起(ってほどではない)いたしまして。

アクスタ用の絵を描くのも楽しかったし、CMYK変換で色々悩んだし、出来上がるまでワクワクしたし、届いてからのテンションがヤバかった!

ので、作ってみて感じたことや、実際の品物を見ての感想なんかを含めたお話をしたいなーと思っています。

個人的には大満足の出来!可愛い!

出来はどうだったの?という話ですが、個人的には大満足でした。
今もデスクに置いてキモく眺めています。

めっちゃ近くでみると、どうしてもオンデマンド印刷特有の部分はわかりますが、コスパが良すぎるので…(後述参照)。

注文してから大体12日くらいで届きました。
包装も丁寧にしていただいていて、傷もなかったです。

実はアクスタそのものを1個しか持ってない、しかも封から開けてないってこともあって、
まじまじとアクスタを見るのは初めてだったんですが、結構厚みがあるんですね。

正直、もっと薄いと思っていたので、いい意味で裏切られました。安定して立ってくれて嬉しい!

裏も丁寧に白押さえしていただいています。
流石に後れ毛の先端部分はなかったけど、細すぎる箇所なので気にならないレベル。

リップクリームとの比較。もっとこじんまりした感じになるかな?と思っていましたが、
できるだけ横幅を出すようなデザインにしたので、なかなか存在感があります。

MYDOO(まいどぅ~)さんに依頼した理由

これまたタイトル通りの話にはなってしまうんですが、
今回アクスタを作成するにあたって、「MYDOO(まいどぅ~)」さんにお願いしました。

絶対条件として「1点でも作成OK」な企業様から選んだのですが、
めちゃくちゃ選択肢が多くて驚きました。

絵描きとして身近な「Pixiv」でも「Pixiv FACTORY」を通せば1点から作れますし、
さらにBoothで無在庫(注文に応じて作成)販売もできちゃうんですよね…。

MYDOOさんは単価がめっちゃ安い!

他にもアクスタうんたらかんたら…などなどありますが、今回MYDOOさんに決めた理由は「コスパのよさ」でした。

100m*100mm(10センチ四方)サイズで作成したのですが、各サイトで結構お値段が変わるんですよ。

企業様名MYDOOPixiv FACTORYME-Qグラフィックよつば印刷アクリルグッズの達人
1点の価格630円2,700円
(台座印刷可)
1,450円1,700円1,300 円1,730円
(10営業日)
送料300円400円500円~350円275円
(ネコポス)
550円
納期約14営業日約14営業日4営業日10営業日最短2~4営業日3~10営業日
PNG入稿不可可能可能不可不可可能
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

かなり違いますよね。っていうかPixiv FACTORYたっけえ…。
データを保存してBOOTHで無在庫販売が出来るってメリットはでかいですけど、
それにしたって結構高いなって…。

他のところだと、送料込みで大体2,000円前後で出来るって感じですね。
中でもよつば印刷さんとME-Qが納期が短めな印象。
アクリルグッズの達人さんは、割増料金を払えば最短3営業日で作成してくれるので、
お急ぎの方向けかも。

PNG入稿できるところは便利!

今回原稿を作成して思ったのは、PNGでそのまま入稿出来るのは便利だなってこと。

Photoshop形式(PSDファイル)であればRGBでも、向こうで変換してくれるところもありますが(MYDOOさんはそうでした)、
作った画像をそのままぽいっと投げるだけで簡単に作れるのは大きな魅力だな~と感じますね。

私は自分用の1点モノだから、手間がかかってもいいってことで価格を取りました。

企画・造形・品質にこだわった良質なホビーグッズをお届け!FURYU HOBBY MALL

CMYK変換、なかなか難しい…

つまづいた、ってほどではないんですけど、CMYK変換を今回の入稿に当たって初めて行ったので、「どういう感じに色調整したらいいんかな~」と悩みました。

CMYK変換したら色がくすむ、という知識はあったんですけど、
じゃあ具体的にどういった対応をすればRGBに近づけるのか?って部分がわからなくて。

そこで参考にさせていただいたのが、「同人誌印刷るるる」様のこちらのページ。

RGBからCMYKへ自然な感じで変換する方法【同人誌を鮮やかに印刷するテクニック】 | 同人誌印刷 るるる
【外部サイトにジャンプします】

最初はクリスタでいじってたんですが、「これならPhotoshopで最初からやったほうがはえーな」と思い直して(むしろなんで最初クリスタでいじってた???)。

上記ページを参考に、彩度周りをあげあげしました。

ちょっと画像の大きさが違っちゃってアレなんですが、左がCMYK変換データ、右がRGBデータです。

やっぱり彩度が高い部分、足元の紫なんかはくすみが多少出てるんですけど、顔まわりの調整を優先したので仕方ないかなと。

それでもアクスタ本体は十分に鮮やかに感じるので、MYDOOさんありがとう…!!って感じです。

完成度が高くてまた何か作りたくなってしまった…!

そんな感じで、作ってる時から届いた後までご機嫌なアクスタ。

想像を超える完成度のものを作ってくださって、また何か作りたいな…と思わせてくれるものでした。

これがグッズ沼なのか…?と慄きつつ、機会があればまた何か、アクスタに限らず自分用グッズを作ってみたいな~と思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました